kindiary

毎日更新(を目指す)日記。

ダークサイドはありつつも(2020.10.17)

海猫荘days3巻(完結巻)を読んだ。めっちゃ良かった。真由美が桐子に依存してたようで、実は桐子が真由美に依存してたと思うと、悪者に見えていた桐子がちょっと可哀想に思えてきた。それにしても、真由美を自分から離れさせないために、真由美の婚約者を寝取って既成事実つくるとか愛が歪みすぎだろ。女が女に向ける重くて歪んだ愛が好きすぎる。でも流産したあとに真由美に会いに来たってことは、彼女もその件がショックで、家族が増えなかったことにどこか寂しさを抱えていて、一時的に真由美に助けを求めに来たのかもしれない。

真由美も自分の意思で海猫荘に残り、管理人さんへの想いも告げて「逃げ」の人生から脱却したし、阿島とさくらもラブラブだし、桐子もなんやかんやで真由美への執着を諦めて自分の家庭を持ったみたいだし、ハッピーエンドで良かった。コダマナオコ先生らしいダークサイドはありつつも、温かくて優しい物語だった。全3巻お疲れ様でした。次回作も期待してます。

 

www.cmoa.jp

 


15時からJリーグセレッソ-マリノスを見た。久しぶりに楽しい試合だった。

立ち上がり早々に坂元のドンピシャクロスから奥埜のヘッドが決まり先制。マッチアップしていたティーラトンが不憫に思えるほど今日の坂元はキレキレだった。

後半はセレッソのゴールラッシュ。奥埜が今日2点目となるゴールで突き放すと、途中出場の豊川もゴラッソを含めた2ゴール。終盤に古巣絶対殺すマンこと水沼宏太に失点を許すも4-1で快勝。当たり前だけど贔屓チームがいっぱい点とって勝つと嬉しい。

マリノスは連戦の影響をもろに受けてたとはいえ、昨年の優勝チーム相手に今年もダブルを達成。横浜F・マリノス最高!一番好きな対戦相手です!

 

 

18時からは最寄りのソフトバンクショップへiPhone6sを下取りに出した。4年間使って幸いにも傷ひとつ付いてなかったので減額はなし。二週間後にPayPayに4,800ptが付与されるそう。何か美味しいものでも食べようかな。

 


20時半からはプレミアリーグリヴァプール-エヴァートンマージーサイドダービーを見た。

リヴァプールはもちろん強いが、今年のエヴァートンもどうやら強い。ハメスロドリゲスの存在が相当大きいのだろう。試合はエヴァートンが二度のビハインドを追いつく粘り強さを見せたが、後半ATにヘンダーソンのゴールで勝ち越し。誰もがゴールを認めていたが、VARに融通性なんてものは皆無。その直前のプレーでマネがオフサイドだったらしく(肘の先端だけが出てた?)ノーゴールに。結局、試合は2-2で終了。

ダービーらしい白熱した試合展開だっただけに、最後は微妙な空気で終わってしまったのが悔やまれる。いや誰も悪くないんだけどね。

 

 

アニメ。安達としまむら2話を見た。原作未読のため二人の関係をどういう目線で見ていいものかと身構えてたけどこれはストレートにLOVEと受け取って良さそう。

 

 

土曜アニメタイム。

ごちうさ。サッカーの試合流しながら見てたら内容が全然頭に入らなかった。シャロちゃんがついに盗みを働いてた気がする。

虹ヶ咲。アイドルから一度退いたせつ菜を再び舞台に連れ戻すのは、同じく「自分の目指すアイドル像」しか見えてなかったかすみんであって欲しかった気持ちもあるが、侑(ファン)に「大好き」が届いていた、それを実感できたことが一番大きかったのだろう。『ラブライブ!』に囚われない選択をしたあたり、先代二作との明確な差別化を感じた。

計算中。マジで面白すぎる。少なくともSeason2では今日が一番笑った。悠希の「だりぃ〜って言ったのか?」が愛おしい。三四郎含めたスタジオメンバー全員の魅力が前面に出た企画だったと思う。これ来週もあるの最高だ。

シグルドリーヴァ。割烹着で料理してるシーンなんか見せられたら宮古ちゃん好きになっちゃうだろ。ワルキューレの役目は戦いだけでなく弔い、彼女たちの存在が彼らを死と隣り合わせの戦場へ赴かせるのか。戦ってるのは女の子だけじゃない、それを強く感じさせて作品の重厚感も増した。やかましい日常としんみりシリアスの緩急に惹きつけられる。あと花守ゆみりさんのイケボが好き。

神様になった日。まだ大きな動きはなし。オーディンちゃんを中心とした薄ら寒いノリ、嫌いじゃない。

 

 

P.S.

日記が長い!